2017/06/03

字典「𦣞(𦣝)」

「𦣞」

釋義

金文

用例は少なく、固有名詞にしか用いられていない
  1. 名:人名。族名。
    𦣞觚,《銘圖》09037;商晩
    𦣞
    鑄子叔黑𦣞盨,《銘圖》05607-05608;春早
    ②鑄子弔(叔)黑𦣞肈乍(作)寶盨。
  2. 名:姓。=姬
    魯伯愈父盤,《銘圖》14448;周晩
    ①魯白(伯)愈父乍(作)鼄(邾)𦣞(姬)仁𦨶(媵)𬐿(沬)盤。
    黄子鬲,《銘圖》02844;春早
    ②黄子乍(作)黄甫(夫)人孟𦣞(姬)器則。

楚簡

用例は「頤」が《周易》に用いられているのみ。
  1. 名:卦の一つ。
    上博三《周易・頤》24
    ①䷚:貞吉。觀,自求口實。

秦簡

用例は「頤」が日書・黄鐘》に用いられているのみ。
  1. 名:あご。おとがい。下あご。
    放馬灘《日書》乙種《黄鐘》206
    ①兑(鋭)顔,兑(鋭)頤,赤黑,免(俛)僂,善病心、腸。

釋形

「䇫」の初文で、梳き櫛の象形(于省吾)。
なお、殷墟甲骨文に「𦣞」の用例はないが、これを偏旁として含む「姬」字が見られる。後代の出土文字資料も同様に「𦣞」の用例は少ない一方で「姬」は多く見られる。郭沫若は顎の象形、白川静は乳房の象形とするが、いずれも金文の字形からの誤釈と考えられる。
《説文》では「𦣞」が「頤」の初文とされているため、習慣的に「𦣞」「頤」を同一字種として扱うことがある。「頤」は隷書楷書ではさまざまな字形が見られる。「顊」は《康煕字典》では「頤」とは別字種として扱われている。

釋詞

「巸」声字と「喜」声字は音義とも近く、同源と考えられる。

  • 《説文》五篇上《喜部》「喜,樂也。」(96下)
  • 《方言》卷十「紛怡,喜也。湘潭之間曰紛怡,或曰巸巳。」
  • 《尚書・堯典》「庶績咸熙。」、《文選・劇秦美新》「庶績咸喜。」
  • 《説文》十二篇下《女部》「媐,說樂也。」(262下)
  • 《玉篇》卷二十一《火部》「熹,熱也,烝也,炙也,熾也。亦作“熈、暿”。」(390)

0 件のコメント:

コメントを投稿