ラベル 金文 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 金文 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2017/08/06

大熊肇『字体変遷字典:【女】』訂補

各文中で△は該字を示す。

P214「奴」字第1行第3列“甲骨”

この字形(摹本)の出典は《合集》8251正である。
  1. 〼[王占]曰:吉。〼□曰𫭠(往)仌〼□毓。
    《合集》8251正;典賓
△はと小点に従う。一般に「女」旁は跪いた姿を描き、足を伸ばしたのように作るのは稀である。逆に、(1)にも用いられている「毓」字()は、一般に足を伸ばした「女」旁()と上下逆向きの「子」と小点に従う。したがって、△は「毓」から派生した字、或いは「毓」の訛字と考えられる。
また、この字はこの片にしか見えず、残辞で文意も明らかではない。“奴”と隷定するのは良いとしても、後代の「奴」字との繋がりは認められず、「奴」の甲骨文として扱うのは不適と思われる。

P214「好」字第1-2行第1列“甲骨”、第3-4行第1列“金文”、第1-2行第2列“金文”

殷墟甲骨文や商金文には「帚(婦)好」が多く見られる。
  1. 已丑卜,㱿貞:翌庚寅,帚(婦)好娩?
    《合集》154;典賓
  2. 辛丑卜,㱿貞:帚(婦)好㞢(有)子?
    《合集》94正;典賓
「婦好」は武丁の妻で、金文はその墓から出土した銅器のものである。
甲骨文には「婦好」のほかに「婦妌」「婦姼」「婦娘」など多くの「婦某」が多数みられる。「婦」は王の配偶者、あるいはなんらかの身分・地位をもった者の称号である。下一字はは人名・族名を表しており、「婦井」「婦多」「婦良」の例があることからもわかるように、女偏は「婦」の人名を表す際にしばしば付け加えられるものである。
したがって、「婦好」の「好」は「子」に女偏を加えた人名専用字で、後代の{喜好}の「好」とは関係がない。同様に甲骨文にみえる女に従う字の多くは婦名専字で、後代の同形字とは無関係である。

また第3行第1列“金文”の字は二つの「女」に従うが、右側は「婦」の女偏である。これは「婦好」のそれぞれの女偏を対称に配置して芸術性を高めたものである。商代金文の族徽銘文はロゴのようなものなので、文字として考える場合注意が必要である。

P216「如」字第1行第1列“甲骨”

「女」は手を胸の前で交差させた形であるが、△が従うのは後ろ手に縛られた人の象形である。△は「訊」の初文で、黄組甲骨文や西周金文では「幺」が意符として加えられている。
参考:張亞初《甲骨金文零釋・释訊》,《古文字研究》第六輯,中華書局1981年;宋鎮豪、段志洪主編《甲骨文獻集成》第十三册,四川大學出版社2001年。等

P216「如」字第2行第1列“甲骨”

この字形(摹本)の出典は《合集》13944である。
  1. □巳[卜,]貞:今冥(娩)?
    《合集》13944;典賓
△は「好」字で、原拓は「子」の下部が潰れて鮮明ではないため、模写を誤ったものである。卜辞は婦好の出産に関するものである。《合集》2688は「好」字をに作り、△字に近しい。

P216「如」字第3行第1列“甲骨”

原拓は極めて不鮮明だが、出産に関する卜辞であることから、おそらく△は婦名専字である。西周金文に「如」字は見られず、「女」が用いられていることからも、甲骨文の“如”と後代の「如」は別であると見てよい。

P216「妃」字第3行第1列“甲骨”、第2行第5列“戦国・金文”

△(「𡚱」)は「女」と「巳」に従うが、これを「妃」とする根拠はない。裘锡圭は甲骨文中の「女」あるいは「妾」と「卩」に従う字が「妃」「配」の初文であると指摘する。
参考:陳劍《釋〈忠信之道〉的“配”字》,《國際簡帛研究通訊》第二卷第六期,2002年;陳劍《戰國竹書論集》第14-23頁,上海古籍出版社2013年。

P216「妃」字第1-4行第2列“金文”

△は「女」と「己」に従う。金文では全て人名に用いられている。
  1. 𩵦(蘇)甫(夫)人乍(作)𫲞(姪)襄𧷽(媵)般(盤)。
    蘇夫人盤,《銘圖》14405;周晩

《國語・晋語一》「殷辛伐有蘇,有蘇氏以妲己女焉。」韋昭注「有蘇,己姓之國,妲己其女也。」、△は「己」に女偏を加えた字で、後代の「妀」である。《説文・女部》「妀,女字也。从女,己聲。」、「妀」と「妃」は別字である。

P218「妨」字第1行第3列“銀雀山竹簡”

この字形(摹本)の出典は銀雀山竹簡《晏子》530である。銀雀山竹簡の書写年代は前漢で、先秦のものではない。

P218「委」字第2行第2列“甲骨”

「禾」と「女」に従う「委」は秦簡以前には見られず、この字を「委」とする根拠はない。後代の「委」とは確実に別字である。

P220「妾」字第1行第1列“甲骨”

この字は「羊」と「女」に従う婦名専字である。頭上に何かをつけた女性の象形である「妾」とは明らかに別字。

P220「妾」字第1行第2列“金文”、第1行第6列“西狹頌”、第1行第9列“敬史君碑”

金文の字形(摹本)の出典は己侯簋(《銘圖》04673)である。「羊」と「女」に従う字で、明らかに「姜」字である。《説文・女部》「姜,神農居姜水,因以爲姓。」、「姜」と「妾」は別字である。

P220「妾」字第2行第3列“子彈庫楚帛”

この字形(摹本)の出典はおそらく子彈庫帛書《丙篇・十月》である。「羊」と「我」に従い、「義」字である。

P222「姓」字第1行第1列“甲骨”

この字は婦名専字で、後代の「姓」とは無関係の別字である。

P222「姓」字第1行第2列“金文”

この字形(摹本)の出典は兮甲盤(《銘圖》14539)である。
  1. 其隹(唯)我者(諸)𥎦(侯)、百
    兮甲盤,《銘圖》14539;周晩
{姓}義で用いられているが、字体は明らかに「生」である。詞義によって字を掲載するのか、字体によって配列するのか一貫性がない。

P224「姦」字第1行第1列“殷・金文”、第3行第1列“殷・金文”

この両字は婦名専字で、後代の「姦」「奸」とは無関係の別字である。

P224「姫」字第2行第1列“甲骨”

この字は婦名専字で、後代の「姫」とは(また無論「姬」とも)無関係の別字である。

P226「姪」字第1-2行第1列“甲骨”

この字は婦名専字で、後代の「姪」とは無関係の別字である。

P226「姪」字第2行第3列“金文”

この字形(摹本)の出典は王子△鼎(《銘圖》01749)である。銘文は極めて不鮮明で、△を「姪」と断定するのは問題がある。董蓮池は「致」の変化した字であるとする。
参考:董莲池《释王子姪鼎铭中的“致”》,《中国文字研究》第十六辑第19-21頁,上海人民出版社2012年。

P226「娯」字第1行第9列“呉瑱墓誌”

呉瑱墓誌は後代の偽刻であり、北魏の墓誌銘ではない。
参考:澤田雅弘《偽刻家Xの形影 : ―同手の偽刻北魏洛陽墓誌群―》,書学書道史学会《書学書道史研究》No.15第3-21頁,2005年。等

P226「娠」字第1行第1列“甲骨”

この字は婦名専字で、後代の「娠」とは無関係の別字である。

P226「娘」字第1行第1列“甲骨”

この字は婦名専字で、後代の「娘」とは無関係の別字である。

P228「婁」字第1行第1列“甲骨”

この字形(摹本)の出典は《合集》8175であるが、原拓は極めて不鮮明で、この字形には問題がある(先に述べたが「女」をこの形に作ることは稀である)。また模写が正確だったとしても、「婁」は「角」を声符として含む字であるから、「日」に従っている△を「婁」とすることはできない。

P228「婁」字第2行第2列“睡虎地秦簡”

『字体変遷字典』における「睡虎地秦簡」の字形の出典は全て張守中撰集《睡虎地秦簡文字編》(文物出版社,1994年)であるが、該書の摹写字形は稚拙で、ほとんどもとの書法を伝えていない。該書において△の出典は睡虎地《日書甲種・取妻出女》6背となっているが、原字の中央部に縦画は存在せず、摹写の誤りである。

2017/04/04

《金文通釋》卷三上と《商周青銅器銘文暨圖像集成》対照表


《通釋》《集成》《銘圖》器名備考
一二三10.0542324.13335匡卣
一二四08.0422712.05330師艅簋蓋(師艅𣪘)
a11.0599521.11794師艅尊
b05.0272305.02344師艅鼎
一二五05.0281705.02481師[⿱䢅止]鼎(師䢅鼎)
a05.0278105.02432南季鼎(庚季鼎)
b05.0281605.02480伯[⿱䢅止]鼎(伯䢅鼎)
一二六08.0425211.05281大師虘簋(大師虘𣪘)11.05280-05283
a09.0469213.06158大師虘豆
b01.00088-0008927.15269-15270虘鐘
c01.0009227.15273虘鐘
d07.0378509.04685𠭯孴妊簋(虘𣪘)
一二七08.0423512.05336諫簋(諫𣪘)
一二八08.04225-0422811.05244-05247無㠱簋(無㠱𣪘)
一二九08.0427212.05319望簋(望𣪘)
一三〇05.0281205.02477師望鼎
a15.0966122.12360師朢壺(師望壺)
*--望鼎偽銘?
b14.0909417.08576望爵
一三一08.04294-0429512.05350-05351揚簋(揚𣪘)
一三二01.0008227.15625單伯𪰖生鐘(單伯鐘)
a01.00104-0010527.15287-15288昊生鐘
b09.0467213.06129單𪰖生豆(單昊生豆)
一三三05.0282005.02487善鼎
一三四08.0434012.05398蔡簋(蔡𣪘)
一三五05.0283805.02515曶鼎(㸓鼎)
一三六15.0972822.12446曶壺蓋(㸓壺)
*14.0904117.08484史㸓爵
一三七15.09731-0973222.12451-12452頌壺
a
05.02827-0282905.02492-02494頌鼎
08.04332-0433912.05390-05397頌簋(頌𣪘)
一三八08.04229-0423611.05259-05267史頌簋(史頌𣪘)
a
05.02787-0278805.02443-02444史頌鼎
16.1022026.14920史頌匜
09.0448113.05766史頌簠
16.1009325.14429史頌盤
一三九16.1017625.14542散氏盤
a
04.0214903.01550夨王鼎蓋(夨王方鼎)
12.0645219.10587夨王觶
03.0087107.03251夨伯甗
b10.0539824.13307同卣
c
10.05300-0530124.13162-13163散伯卣24.13161
04.0202903.01440散姬鼎
07.03777-0378009.04652-04655散伯簋(散伯𣪘)
16.1019326.14875散伯匜
一四〇08.04279-0428212.05331-05334元年師𬀈簋(師𬀈𣪘)
一四一08.04216-0421811.05248-05250五年師𬀈簋(師𬀈𣪘)
a07.03997-0400010.04956-04959伯喜簋(伯喜𣪘)
*
07.03837-0383909.04719-04721伯喜父簋(伯喜父𣪘)
07.03793-0379610.04753-04756伯梁父簋(伯梁父𣪘)
15.0943726.14761伯庸父盉
03.00626-0062306.02831-02838伯庸父鬲
15.0942526.14743伯百父鎣
16.1007925.14399伯百父盤
16.1009625.14419荀侯盤(筍侯盤)
*08.0412311.05118妊小簋(妊小𣪘)
一四二05.0281005.02464鄂侯馭方鼎(噩侯鼎)
*07.03928-0393010.04828-04830鄂侯簋(噩侯𣪘)10.04831
*06.0357409.04305鄂叔簋(噩叔𣪘)
*06.0366909.04510鄂季奞父簋(噩季奞父𣪘)
*10.05325?噩侯弟[⿸厂晉]季卣09.04509
一四三08.0421511.05242𬹜簋(𬹜𣪘)
一四四09.0443512.05623虢仲盨蓋(虢仲盨)
a08.0420211.05227𣄰簋(何𣪘)
一四五08.0433112.05385乖伯簋(乖伯𣪘)
a
01.0001627.15125益公鐘([⿳八丶皿]公鐘)
08.0415311.05151𡚇簋(𡚇𣪘)
07.0406110.05050畢鮮簋(畢鮮𣪘)
*04.0173302.01077乖叔鼎
一四六16.1017025.14534走馬休盤(休盤)
a06.0360909.04421休簋(休𣪘)
一四七05.0279005.02447微䜌鼎
一四八05.0278605.02440康鼎
a
09.04400-0440112.05592-05593鄭丼叔康盨
03.0092607.03320鄭邢叔甗(鄭井叔甗)
03.0058006.02809鄭邢叔[⿰萑攵]父鬲(鄭井叔蒦父鬲)
03.0057906.02783鄭叔𬞓父鬲(鄭叔蒦父鬲)
01.00021-0002227.15138-15139鄭邢叔鐘(鄭井叔鐘)
*08.04160-0416111.05168-05169伯康簋(伯康𣪘)
一四九08.0432712.05389卯簋蓋(卯𣪘)
一五〇08.04270-0427112.05322-05323同簋(同𣪘)
a06.0370309.04553同𠂤簋(同𠂤𣪘)
b
07.0375409.04631仲師父簋(仲𠂤父𣪘)09.04630
06.0354509.04362仲師父簋(仲𠂤父𣪘)
一五一08.0428612.05337輔師𠭰簋(輔師𠭰𣪘)
一五二08.0431212.05364師𬱊簋(師𬱊𣪘)
一五三05.0281405.02478無叀鼎
一五四05.0282505.02490善夫山鼎
a03.0092807.03327叔碩父甗
05.0259604.02191叔碩父鼎
b07.03833-0383410.04781-04782伯賓父簋(伯賓父𣪘)
c16.1031313.06219乍父丁盂(□乍父盂)
d
16.1010825.14453伯考父盤
04.0250804.02053伯考父鼎
一五五01.00238-0024429.15584-15590虢叔旅鐘
a
03.00524-0052506.02720-02721虢叔鬲
09.04514-0451513.05813-05814虢叔簠13.05815
09.0449813.05789虢叔簠蓋(虢叔簠)
09.0438912.05567虢叔盨
11.0591421.11686虢叔尊
16.10306-1030713.06210-06211虢叔盂
04.0249204.01996虢叔大父鼎
*01.0003927.15156叔旅魚父鐘
一五六01.00145-0014828.15496-15499士父鐘
一五七01.00187-0019228.15522-15527梁其鐘
a05.02768-0277005.02414-02416梁其鼎誤為二器
b15.09716-0971722.12420-12421梁其壺
c08.0414711.05163善夫梁其簋(善夫梁其𣪘)11.05161-05165
d09.0444712.05652伯梁其盨12.05653
一五八05.0274505.02380函皇父鼎(圅皇父鼎)
a
16.1016425.14523函皇父盤(圅皇父盤)
08.04141-0414311.05144-05146函皇父簋(圅皇父𣪘)
05.0254804.02111函皇父鼎(圅皇父鼎)
16.1022526.14921函皇父匜(圅皇父匜)
b09.0449713.05788函交仲簠(圅交中簠)
c15.0944726.14775王仲皇父盉(王中皇父盉)
*01.0014328.15415鮮鐘
*04.0251604.02056會妘鼎(會㜏鼎)
一五九15.0970522.12416番匊生壺
一六〇08.0432612.05383番生簋蓋(番生𣪘)
一六一08.0424211.05273叔向父禹蓋(叔向父禹𣪘)
a07.03849-0385510.04792-04798叔向父蓋(叔向父𣪘)10.04799
一六二05.02833-0283405.02498-02499禹鼎
一六三05.0280505.02463南宫柳鼎(南宮柳鼎)
一六四08.0432312.05380敔簋(敔𣪘)
一六五08.0425711.05294弭伯師耤簋(弭伯𣪘)